2月15日の新作スマホゲー15本感想。移植版でもやっぱり『Company of Heroes』は楽しいし、日本語対応のなので良かった。

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

前回の記事が新作32本で多すぎるといわれたので、細かくしてみる。

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム

Company of Heroes (itunes 1,720円 iPad専用)

第2次世界大戦を舞台としたリアルタイム戦術ゲーム。
本作は2006年にRelic
Entertainmentが開発したPC版ゲームの移植作品で、歩兵や戦車を生産して戦場の拠点を確保し、兵站ラインを整えて兵士・弾薬などの補充を行い、土嚢などで陣地を作って戦う懐かしい資源確保・生産・占領のリアルタイム戦術ゲーム。
ゲーム内にはノルマンディー上陸作戦からファレーズ包囲戦まで史実をもとにした15のミッションが収録されており、プレイヤーはアメリカ軍を率いてドイツと戦う。
AIなどと戦えるスカーミッシュモードではドイツ軍・アメリカ軍どちらも選んで戦える。

続きを読む

Source: ゲームキャスト

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RSS

更新情報

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930